線維筋痛症

漢方薬は自律神経のバランスを整えたり、ホルモン分泌などの生理的なリズムを整える目的で使われます。中医学においては、ストレス関連疾患を診る場合は病変の主座が心、肝・胆、脾のいずれにあるかを判断したうえで、心は安神剤、肝・胆は疏肝理気剤、脾は補気剤が中心となります。 薬物療法で一定のところまでは改善されますが、それから先なかなか良くならないというケースもあります。


線維筋痛症は、痛みが起こるさまざまな要因が、日常生活のなかにあります。その要因を取り除くために運動療法や心理療法などを併用すると症状が軽減する場合もあります。



線維筋痛症へ

漢方相談へ

医薬品のご購入について