肝斑

肝斑の発生には女性ホルモンだけでなく‘炎症‘も関わっていると推測できるため、漢方薬治療では抗炎症作用に優れた柴胡剤を基本処方として、基底細胞の分裂の能力を向上させる生薬を加えます。なおホルモンのバランス異常は漢方的にはお血との関連性を考慮し、個人の陰陽虚実の証に沿った駆お血剤を合わせ処方することにより症状の軽減がみられます。


肝斑へ

漢方相談へ

医薬品のご購入について