若年性認知症

漢方の見地からみれば、若年性認知症の病位は脳にありますが、主に 心・肝・腎など臓腑の機能失調と関連しており、心血、肝血、腎精を補うことにより改善をはかります。また、脳窮におけるオ血の停滞を改善する駆オ血剤や、脳細胞の代謝を促進する生薬を加味した漢方処方を服用して臨床症状が改善したり、異常脳波や脳血流の状態が良くなる症例があります。



若年性認知症へ

漢方相談へ

医薬品のご購入について