ブドウ膜炎

臓腑経絡学説に基づき、眼の各部と関係の深い経絡や五臓との関連をまとめた五論弁証と眼科六経弁証によるとブドウ膜を構成する虹彩は肝に、脈絡膜は、腎に関連するといわれています。また、眼に関わる経絡から、虹彩は、少陽眼病として、脈絡膜、網膜は太陰・少陰・厥陰眼病として区分されています。


ブドウ膜炎へ

漢方相談へ

医薬品のご購入について