湿疹

湿疹とは、皮膚にさまざまな発疹が現れて、強いかゆみを伴う状態をいいます。目で見える症状としては、皮膚が赤くなる「紅斑」、小さなブツブツができる「丘疹」、小さな水ぶくれができる「小水疱」、角質が乾いてむけ落ちる「落屑」、水疱が破れてジクジクする「湿潤」などがあります。これらが、混在して現れるのが特徴です。


同じような病態なのに、「湿疹」と呼ばれるものと、「~皮膚炎」と呼ばれるものがあります。これは、原因がはっきりしているかどうかで呼び方を変えているからです。


湿疹や皮膚炎の代表的なものには、次のようなものがあります。


  • 接触皮膚炎・・・皮膚に特定の物質が触れることで、起こるものです。湿疹や皮膚炎のなかでも、最もよく見られるものです。

  • アトピー性皮膚炎・・・「アトピー体質」といって、生まれつきアレルギーを起こしやすい人に現れる皮膚炎を指します。

  • 皮脂欠乏性湿疹・・・老人性の皮膚変化の一つで、皮膚がカサカサします。

  • 主婦湿疹・・・主婦など水仕事の多い人が、洗剤やゴム手袋などに、繰り返し触れることで起こるものを指します。基本的には接触皮膚炎ですが、手はさまざまな物に触れるため、多くの場合、原因物質を特定することができません。そのため、俗に「主婦湿疹」と呼ばれています。


  • 湿疹と漢方へ

    医薬品のご購入について