緑内障

目と言う感覚器官は、よくカメラに例えられます。フィルムに相当するのが眼底にある網膜で、レンズの役割をしているのが水晶体という組織です。水晶体は透明な組織で、外から入ってきた光を透過させます。この時、水晶体の厚さが調整され光が屈折することで、網膜にピントのあった像を結ぶことができます。


緑内障は網膜に映った像を脳に送る視神経が阻害され、視野が狭くなる病気です。放置しておくとどんどん進行し、ついには視野がほとんど欠け、失明することもあります。緑内障で失われた視野は元に戻すことはできません。したがって早期発見、早期治療が最も重要になりますが、多くは気づきにくく、異常を自覚し病院で受診したときにはかなり進行した状態なっていることもあります。


視野が欠ける原因として、眼球内の眼圧の上昇が考えられています。眼圧は通常10~21mmHgの眼圧がかかっており、球形を維持しています。

眼圧は房水の産生と排出によって一定に保たれています。房水とは、角膜と水晶体に栄養を補給する透明な液体のことで、毛様体でつくられ、角膜と虹彩の間の隅角へ流れていきます。さらに、フィルターの役割をする繊維柱帯を通ってシュレム管に送られ、目の外に排出されます。


しかし、この房水の産生と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなると、視神経が集まる部分に圧力が加わり、視神経が障害され、脳に情報が伝わらなくなります。その結果、障害された視神経が担当する部分の視野が欠けるのです。一度破壊された視神経は元には戻りません。緑内障の治療は、それ以上視神経が破壊されないように眼圧を下げることが大切です。


正常眼圧緑内障


緑内障とは眼圧が高くて視野が狭くなっているもの、つまり視神経が傷害されているものをいいますが、正常眼圧緑内障とは眼圧が正常なのに視野が狭くなっているものをいいます。これは、両眼に起こることが多いのですが、このような視野の変化は、脳腫瘍や視神経の血行障害などの場合にも起こりますから、視野に変化のある場合には精密検査を行って、他に原因となる病気が認められない場合に、正常眼圧緑内障と診断されます。



緑内障と漢方へ

医薬品のご購入について