レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群にはむずむず脚症候群、下肢静止不能症候群などの呼び方があります。症状としては、脚の深部を虫が這いまわってむずむずする異常な感覚と言われます。また、脚の深部が火照る、熱くなると言われる患者さんもいます。こうした不快な感覚は、同じ姿勢でじっと座っている時、あるいは横になっている時に現れ、脚をバタバタ動かす、あるいは歩き回ることで軽減します。そこで、どうしても脚を動かしたくなります。


症状には日内変動があり、夕方から夜に増悪するため、睡眠障害の原因にもなります。特に、睡眠時周期性四肢運動(一定の間隔で無意識に脚がピクピク動く症状)を合併している患者さんでは、本人が気が付かないうちに睡眠の質が低下し、日中の生活に影響を及ぼすことも少なくありません。


レストレスレッグス症候群は日本の有病率は2~5%と推測されています。また、レストレスレッグス症候群は小児期初期から成人期後期まで、あらゆる年齢で発症しますが、特に高齢者や女性に多い疾患で、女性は男性の約1.5倍と言われています。


このような異常な感覚が起こる確かな理由は、まだ明らかにはなっていませんが、現在では次のように考えられています。


靴下やズボンをはいている感覚は常に中枢に伝わっています。しかし、その感覚を常に感じていると不快なので、中枢は末梢から上がってくるこうした感覚を抑制します。その働きをしているのが、ドパミン作動体ニューロンの1つであるA11細胞群です。A11細胞群は、神経突起を視床下部や脊髄にまで伸ばして、ドパミンを神経伝達物質として末梢と中枢の情報処理に関与していると考えられています。そこで、このA11細胞群が何らかの理由で機能低下を起こすと、下肢の不快感をコントロールできず、異常な感覚が感知されると推測されています。実際、血液脳関門を通過するドパミン作動薬でレストレスレッグス症候群症状は改善し、ドパミン拮抗薬で症状は悪化します。


A11細胞群の機能が低下する原因としては、まず遺伝的背景が考えられます。散発的にも生じますが、常染色体優性の家族的発現があることが明らかになっており、レストレスレッグス症候群患者さんの一親等における危険性は、一般の3~6倍と言われています。また、ドパミンを合成する際には補酵素として鉄が必要ですが、鉄の欠乏によってレストレスレッグス症候群が発症し、鉄剤の補充によって症状は改善します。


レストレスレッグス症候群の治療には、非薬物療法と薬物療法があり、軽症では非薬物療法のみで寛解することもあります。 軽症の患者さんには、まず睡眠衛生の改善を行います。規則正しい生活を行い、禁酒・禁煙、カフェイン摂取の制限、適温での入浴、ウォーキングやストレッチなどで症状が改善することがあります。また、ゲームなど、何かに集中することで症状が軽減することもあります。


明らかな鉄欠乏が認められた場合は、まず鉄補給を行います。特異的治療としては、ドパミン受容体作動薬が第一選択薬です。

鉄剤の補給とドパミン受容体作動薬の投与によっても症状が改善しない患者さんが、特に高齢者にみられます。こうした患者さんは末梢神経障害を合併している場合が多く、抗てんかん薬あるいはベンゾジアゼピン誘導体の併用が有効です。



漢方相談へ

医薬品のご購入について