狭心症

心臓は、ポンプのように動いて、全身に血液をおくりだし、栄養や酸素を届けています。心臓が動くときには心臓の筋肉が使われますが、この心筋にも酸素や栄養が必要になります。心筋に酸素や栄養を送る血管を冠動脈といいます。狭心症は、この冠動脈が狭くなり、心筋が酸素不足になって起こる病気です。年齢的には50歳代や60歳代に多い疾患ですが、最近は30歳代という若い世代でも狭心症を訴える方がいます。


狭心症は、広範囲な痛みが起こるという特長があります。①胸全体が締め付けられる。②胸骨の内側が広く圧迫される。③左肩から腕までが痛む。④胸の中央からのどにかけて痛くなり、さらに奥歯まで痛む。⑤胸やけがする。⑥背中全体が痛む。というものがあげられます。また、狭心症で痛みを感じるときは、大きく二つに分けられます。一つは、ふだん静かにしているときはなんでもないが、急に体を動かしたり、興奮したり、お腹いっぱいに食べたり、寒いところに出て行った直後などのときです。これを労作性狭心症といいます。もう一つは、夜、就寝中の一定時間、特に明け方に多いタイプです。冠状動脈に痙攣を起こすのが原因です。これを安静時狭心症といいます。


労作性狭心症・・・このタイプの狭心症は、動脈硬化を原因としています。動脈硬化とは、血管の弾力性がなくなり、もろくなった状態をいいます。冠動脈におきやすい動脈硬化は、特に粥状動脈硬化といいます。粥状動脈硬化は、血管の内側に、コレステロールや血栓などが沈着しアテロームというお粥のような塊ができた状態です。このアテロームがだんだん厚くなっていくと、血管の内腔が狭くなり、血管が硬く、もろくなります。粥状動脈硬化が進むと、アテロームに亀裂が生じ、そこに血小板などが集まり、新たに血栓を作ります。この血栓が血管の内腔をさらに狭めます。


安静時狭心症・・・このタイプの狭心症は、冠動脈の痙攣を多く原因とします。痙攣とは、血管が痙攣して収縮することです。この狭心症は、血管が痙攣を起こして収縮するために、血管の内腔が狭くなります。痙攣の原因は、自律神経の働きに関係があると言われています。


狭心症と漢方へ

医薬品のご購入について