強皮症

強皮症も膠原病の一つで、皮膚が硬くなるのが特徴です。発症年齢は30~50歳で、女性に多く見られます。強皮症の一部に進行性全身性硬化症(PSS)があります。これは、末梢の血管障害と全身の結合組織に炎症性、線維性および変性性変化を認める慢性疾患です。病変が皮膚のみならず滑膜、消化管、心臓、肺臓、腎臓などの臓器にも見られ、しかも徐々に進行します。


強皮症の症状・・・レイノー現象が最初の症状としてみられ、その後徐々に進行していきます。手指がこわばって、腫れぼったくなり、皮膚がかたくなってきます。しだいに皮膚の色も黒くなります。さらに進行すると、指が曲がったままのばせなくなります。そのため物をつかむことができにくくなります。指先に潰瘍ができたり、爪が変形することもあります。しだいに、皮膚の硬化は全身に広がります。顔面の皮膚がかたくなると、表情が乏しくなり、口が開けにくくなり、口のまわりに放射状のしわができます。食道に硬化が及ぶと、胸焼けやつかえる感じがします。腸に病変が起こると下痢や便秘のほか、栄養を吸収しにくくなり、やせてしまいます。肺ではせきや息切れ、腎臓の場合は高血圧や腎不全を引き起こすこともあります。



強皮症と漢方へ

医薬品のご購入について