口内炎

口腔の粘膜に生じるさまざまな炎症性病変の総称で、そのタイプによって、カタル性(紅斑性)口内炎、水疱性口内炎、潰瘍性口内炎および壊疽性口内炎に大別されます。



  • ★カタル性(紅斑性)口内炎 口内炎の症状としては比較的軽いタイプで、粘膜全体が赤く腫れるか、ところどころ赤い斑点ができ、刺激性の飲食物をとるとひりひりします。また唾液が粘り、口臭が強くなります。ふつうは一週間ぐらいで治ります。対症療法としては、うがいで口の中を洗浄したり、抗生物質含有の口腔用軟膏などを使用します。
  • ★水疱性口内炎 口の粘膜に水疱ができる口内炎で、ウイルス性の病気や天疱瘡、扁平苔癬などのときにみられます。水疱は短時間で破れて潰瘍に変わったり、びらん状態になったりします。もとの病気の治療と対症療法を行います。
  • ★潰瘍性口内炎 口の粘膜のあちこちに潰瘍ができる口内炎で、タイプによって、びらん性、不定形潰瘍性、偽膜性(白い偽膜様のものが付着する)、アフタ性(円形の潰瘍ができるもの)などに細分されます。いずれも痛みがあってしみ、高熱が出て重症感があります。対症療法としては、口の中を清潔にし、潰瘍面を軟膏でおおうなどして、刺激から保護する必要があります。

  • ★壊疽性口内炎 最も重い口内炎で、口腔の組織を腐らせていきます。はしかや腸チフス、肺炎、白血病や、極度の栄養不足状態における細菌感染によってもみられますが、比較的まれです。
  •  


    口内炎と漢方へ

    医薬品のご購入について