尋常性乾癬

乾癬は遺伝的素因に様々な環境因子が加わって発症する皮膚病です。近年食生活の変化、特に動物性脂質をとることが多くなるにつれて、この病気が増えています。患者さまを見ると高脂血症、糖尿病、肥満などの疾患をもっている方が多いのですが、中には痩せている方もいます。


乾癬には症状や合併症により全体の90%を占める尋常性乾癬、リウマチ様の関節炎を特長とする関節症性乾癬、無菌性膿疱を多発する膿疱性乾癬、小児に多く、溶連菌感染の後などに直径1cm程度の小型の乾癬病巣が多発する滴状乾癬、他に乾癬性紅皮症などがあります。


銀白色の厚い鱗屑におおわれた紅斑が頭部、髪の毛の生え際や肘頭、膝頭、腰部、背部などの摩擦や刺激を受けやすい部分に多く発生します。痒みは個人差があり、ひどく痒みがある場合、まったく見られない場合、さまざまです。


乾癬の原因はまだ、はっきりとわかっていません。ただ、発症しやすい体質があることと、発症や悪化の引き金になるものがあることがわかっています。発症しやすい体質の人とは、特定のHLA(ひと白血球抗原)をもった人です。HLAは白血球(リンパ球)の血液型ともいうべきもので、それにはいろいろな種類があります。そのなかのCW-6、CW-7と呼ばれるHLAを持った人が発症しやすくそうした体質の人が「風邪をひく、日光に当たりすぎる、発熱する」などが引き金となって、乾癬が発症しやすくなります。


病態は、1つは皮膚の表面近くにある血管が炎症を起こしそのために皮膚の表面に紅斑が生じます。もう1つは表皮の細胞分裂が過度に活発になり、その結果、表皮の角質が厚くなってカサブタのような皮膚片ができます。


治療としては活性型ビタミンD3とステロイドを主体とする外用療法が治療の基本で乾癬治療外用薬活性型ビタミンD3製剤はタカルシトール水和物(ボンアルファR)カルシポトリオール(ドボネックスR)、マキサカルシトール(オキサロールR)が使用されます。ステロイドと活性型ビタミンD3それぞれ単独療法だけでなく、併用する治療方法もあります。


内服療法としては痒みを伴う場合、抗ヒスタミン薬が使用されエピナスチン塩酸塩(アレジオンR)とオロパタジン塩酸塩(アレロックR)が乾癬の痒みに対して処方されます。中~重症の場合は免疫抑制剤のシクロスポリン(ネオーラルR)、ビタミンA誘導体のエトレチナート(チガソンR)が使用されます。

その他、紫外線照射機を使用した光線療法も中~重症の場合行われています。 また、近年生物学的製剤(体の免疫機能にかかわるサイトカインに直接働きかけて過剰に増えないようにする注射の薬)の治療も行われており、日本では2010年よりTNF-α阻害薬インフリキシマブ(レミケードR)とアダリムマブ(ヒュミラR)や抗IL-12(インターロイキン12)/23(インターロイキン23)p40抗体製剤ウステキヌマブ(ステラーラR)などの生物学的製剤が使用されています。



尋常性乾癬と漢方へ

医薬品のご購入について