インフルエンザの症状

インフルエンザにかかる原因としては、空気が乾燥することにより鼻粘膜や咽喉部などが乾燥し、乾燥を好むウイルスなどが増殖しやすくなり症状を発生させます。


また気温が下がることにより体温も下がり、体の免疫力が落ちてくるためウイルスが侵入してきても十分に抗体の抵抗ができないため症状を発生させるなどがあります。


インフルエンザや風邪等にかからないための予防と対策はまずは、外出後には必ず「手洗い」「うがい」を徹底することです。手洗いは出来れば石鹸などで時間をかけてしっかりと洗います。うがいはうがい薬がなければ、水道水で最低3回はして下さい。部屋が乾燥しないように加湿器などを設置し、適度な湿度に保ちます。 咽や鼻の粘膜を乾燥しにくくするため、身体を潤す食べ物をとり、身体を温める働きのある漢方薬を服用すると良いでしょう。暖かい服装をして、特に首まわりと足首は冷たい風に当たらないようにしっかり防寒して下さい。


インフルエンザと漢方へ

医薬品のご購入について