白内障

白内障は、年をとれば誰にでも起こりうる病気です。目という感覚器官は、よくカメラにたとえられます。フイルムに相当するのが、眼底にある網膜で、レンズの役割をしているのが水晶体という組織です。水晶体は、透明な組織で外から入ってきた光を透過させます。このとき水晶体の厚さが調整され光が屈折することで、網膜にピントの合った像を結ぶことができます。しかし、本来透明な水晶体が、何らかの原因で濁ってくることがあります。そのため、透過するはずの光が散乱し、網膜にうまく像が結べず、ものがかすんでみえます。これが、白内障です。


白内障の多くは、加齢に伴って自然に発症する、「老人性白内障」です。特殊な検査をしてみると程度の差はありますが、60歳以上の人の多くに水晶体の濁りが見られます。80歳以上になると80%、90歳では90%の人に水晶体の濁りが生じているといわれています。


加齢以外には次のような原因があります。


  • 先天性・・・妊娠中に母親が風疹に感染した場合や、体質的に生まれつき水晶体が濁っている場合があります。

  • アトピー性皮膚炎・・・原因ははっきりしていませんが、かゆみで目をこすることや、アトピー性皮膚炎の治療のために用いる薬などが関係しているのではないかといわれています。10歳代後半くらいから起こることが多く、近年その増加が問題になっています。

  • 薬物の副作用・・・アトピー性皮膚炎などに用いられるステロイド(副腎皮質ホルモン)薬を長期使用した場合に、白内障が起こることがあります。

  • 外傷・・・「物が目に刺さる、目を何かにぶつける」など外部からの衝撃が目に加わると水晶体が濁ることがあります。

  • 緑内障などの目の疾患・・・緑内障や網膜疾患など他の目の病気に伴って、白内障が起こることがあります。

  • 糖尿病などの全身疾患・・・糖尿病などがあると、若い時から白内障が起こることがあります。

  • 紫外線・・・まれに、強い紫外線に長期間当たったことで、水晶体が濁ることがあります。

  • 白内障の症状


  • 若いうちに起る白内障では、水晶体が中央部分から濁ってくる場合があります。その場合、「昼盲(明るいところではものが見えにくくなる)」という症状が早いうちから現れます。しかし、老人性白内障ではほとんどの場合、水晶体は周囲から濁っていくため、ごく初期にはあまり自覚症状がありません。しかし進行するに従って、次のような症状が白内障になった方の目に現れてきます。

  • 視力低下・・・外傷が原因の場合や、若い人に起る白内障では、時に急速に視力が低下しますが、老人の場合、多くは徐々に視力が落ちていきます。近視や遠視では眼鏡やコンタクトレンズを調整すれば見えるようになりますが、白内障の場合、眼鏡などでは視力は回復できません。

  • 霧視(かすみ目)・・・目の前に霧がかかっているように、ものがぼやけて見えます。

  • 羞明(まぶしい)・・・明るいところに出るとまぶしく感じます。

  • 老眼の軽減・・・水晶体が濁ると、光の屈折力が変化して、少し近視気味になることがあります。そのため、老眼でも近くのものが見えやすくなる場合があります。しかしそれはあくまで一時的なもので、白内障が進むに従って、いずれはものが見えにくくなります。


  • 白内障と漢方へ

    医薬品のご購入について