月経前緊張症・月経前症候群

生理が始まる3-10日位前から決まって起こるさまざまな症状を「月経前緊張症 ・(月経前症候群(PMS))」と言います。 症状は多様で、体と心の両面に現れます。


体には、腹部膨満感、便秘、下痢、過食、むくみ、肌荒れなど、また精神面ではイライラ、不安感、無気力、睡眠過多など、人によって現れる症状にかなりの差があります。 月経前緊張症が起こる原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関わっていると考えられています。症状が軽い場合は、とくに治療の必要はありませんが、仕事に集中できない、眠れないなど、日常生活に支障が出るほど症状が重い場合は、漢方薬が有効です。


漢方の考え方には、気・血・水というものがあります。月経前緊張症(PMS)は気・血・水のすべてのバランスが乱れている状態、血の異常「オ血」、 水の異常「水毒」、気の異常「気滞」などが複合的に起こっていると考えられています。その人の体質と気・血・水のどこに問題があるかを考慮し、その結果に基づいて漢方薬を処方します。



月経前緊張症・月経前症候群と漢方へ

医薬品のご購入について