眼精疲労

眼精疲労とは、視力低下、複視、眼重感、眼痛、頭痛、肩こり、時に悪心、嘔吐などの症状を呈する症候群であり、西洋医学的には原因によって分類されています。


  • 遠視等の屈折異常や調節麻痺などによる調節性眼精疲労。
  • 輻輳不全、斜位などによる筋性眼精疲労、結膜炎、緑内障等の眼疾患による症候性眼精疲労。
  • 左右の屈折度の差が大きいため、同一物質の大きさが左右眼で異なるために生じる不等像性眼精疲労。
  • うつ病、神経性などに認められる神経性眼精疲労。
  • むちうち損傷やコンピューターのブラウン管を長時間、注視することによって生じるVisualDisplayTerminal症候群による眼精疲労のように、調節性、筋性、神経性などの種々の要因によるものも認められる。


  • 西洋医学的治療としては、原因疾患の治療、全身と目の安静、ビタミンB1,B12,ATP剤向精神薬、筋弛緩剤などによる薬物治療があるが、視器以外の全身的な異常による眼精疲労に対する治療効果は不十分であり、漢方医学にその治療効果が期待されています。



    眼精疲労と漢方へ

    医薬品のご購入について