フリクテン結膜炎

角膜の近くの白く見える結膜に小さい水庖ができ、その周囲が充血する病気です。
軽い場合には、コロついて涙がでる程度ですが、強い場合にはチクチクした痛みも出てきます。


この病気の原因はアレルギーで、眼にじんま疹ができたようなものです。


アレルギーの原因としてはぶどう球菌の感染が多いといわれますが、色々な検査を行っても大抵の場合アレルギーの原因は分かりません。治療は、アレルギーを抑える副腎皮質ホルモンの点眼薬でおこないます。


眼やにが出ている場合には、抗生物質の点眼も併用します。この病気は、じんま疹と同じような原因によりますから、何度も再発を繰り返すことがあります。このような場合には、病気が出現した時だけ薬を使用し、病気が出てない時には点眼薬を中止するようにして下さい。



フリクテン結膜炎と漢方へ

医薬品のご購入について