血管断面図

動脈硬化とは、動脈の内・中膜に脂肪などが溜まることによって血管の内腔が狭くなり、血液の流れが悪くなった状態です。脂肪の中でも最も血管内に溜まりやすいのは、コレステロール(特にLDLコレステロール)です。動脈硬化を放置しておくと、自覚症状のないまま進み、突然、次のような病気を引き起こします。


  • 虚血性心疾患・・・心臓の筋肉に酸素や栄養をはこぶ冠状動脈に動脈硬化が起こると、心筋に十分血液が届かなくなって血液不足の状態になり、狭心症、心筋梗塞が起こります。

  • 脳血管障害・・・脳の血管が詰まると、その先の脳細胞が壊死を起こす「脳梗塞」となり、やはり命にかかわることがあります。また、命には別状なくても「手足の麻痺」や「言語障害」などの後遺症を伴うことが多く見られます。

  • 閉塞性動脈硬化・・・主に、足の血管に動脈硬化が起き、血流が悪くなって、下半身に障害が現われます。初めのうちは「足がしびれたり、冷たくなる」などの症状が起こり、さらに進行すると、「歩くと足が痛み、しばらく休むと痛みがとれる」といった「間欠性跛行」と呼ばれる症状が現われるようになります。

  • 動脈硬化の代表的な危険因子は、従来は「喫煙」「高血圧」「高脂血症」の三つがあげられていましたが、しかし最近になって「インスリンの作用低下」とこれを補うために起こる「高インスリン血症」が関係しているといわれるようになりました。インスリンの作用が低下すると、血糖値をコントロールできなくなるため、高血糖になります。さらに、過剰に分泌されたインスリンは肝臓での脂肪の合成を高めたり、食欲中枢を刺激するため、結果として高脂血症や肥満を招きます。



    動脈硬化症と漢方へ

    医薬品のご購入について