男性更年期障害

男性更年期障害は、年齢とともに男性ホルモン(テストステロン)の分泌が低下することで起こります。その仕組みは女性の更年期障害が女性ホルモンの低下で起こるのと同じです。主な症状は、ほてりや発汗、疲労感など身体的症状、集中力の低下や不安感、抑うつ感などの精神・心理的な症状であり、男性には性欲の減退や勃起障害などの性的な症状もみられます。


男性ホルモンは、性器の機能を維持する働きのほか、ストレスに抵抗する働きも持っています。男性ホルモンの分泌量は、年齢とともに低下しますが、加齢による生理的な範囲を超えて分泌量が低下すると、更年期障害が起こりやすくなります。障害が起こりやすいタイプは一般に、いつも100%をめざす完璧主義、競争心が旺盛といったタイプや、几帳面な性格の人です。男性ホルモンの低下が著しい場合にはテストステロン補充療法が行われます。うつ症状を伴う患者さんには、家族の協力や、人生後半の過ごし方を見直す機会ともなるようです。



男性更年期障害と漢方へ

医薬品のご購入について