ブドウ膜炎

脈絡膜、毛様体、そして虹彩の三部をひとまとめにして、ぶどう膜といいます。この部分は、色素を多く含み、強膜の内側で眼球をおおい、瞳孔(ひとみ)以外から外部の光が侵入するのを防いでいます。この部位で炎症を起こしたものがぶどう膜炎と呼ばれています。原因は分からない場合が多いのですが、細菌、ウイルス、真菌などが考えられます。最近では自己免疫によると思われるぶどう膜炎が増加しています。


自覚症状としては、光をまぶしく感じる。眼前にごみのようなものがちらちらする、物がゆがんで見えたり、大きく、あるい小さく見えるなどがあり、時には眼痛や視力障害が起こる場合もあります。原因不明のぶどう膜炎には、一般的にはステロイド剤や消炎剤などを局所と全身的に使います。虹彩、毛様体にも炎症があるときは、局所的にひとみを開いて虹彩が周囲と癒着するのを防いだり、ステロイド点眼液により炎症をおさえます。ぶどう膜炎の経過はいろいろですが、将来、白内障や緑内障などの合併症を引き起こすことも多く、また、リウマチなどの全身症状に伴うこともあります。


<ベーチェット病>


ベーチェット病は、ぶどう膜炎の一種ですが、治療の効果が現われにくく、最終的には失明する率が高い難病とされているものです。20~40歳くらいの男性が多くかかります。原因は不明で、ウイルス説アレルギー説、自己免疫説が考えられています。



ブドウ膜炎と漢方へ

医薬品のご購入について