バージャー病(ビュルガー病)

バージャー病(ビュルガー病)は末梢血行障害の一つで、おもに成人男子の四肢の小動脈に反復性の血管炎や、血栓症をきたす難治性の病気です。その原因は不明ですが、喫煙が関係しているといわれています。


症状は冷感、チアノーゼ、激しい痛み、潰瘍や皮膚の壊死、間欠性跛行などがあり、痛みや皮膚の症状で医療機関をしばしば訪れます。本症の特徴は、比較的若い男性の占める割合が非常に高いことです。しかも喫煙者が多くみられます。糖尿病や高血圧などの合併症もなく、静脈炎を併発することもあります。


手足の指にこのような病変が起こるのは、動脈がつまるためで、医学的には閉塞性血栓血管炎と呼ばれています。足と腕の動脈が、原因不明の炎症によって血管の壁が厚くなり、血流障害ができるために、そこで血液がかたまってつまってきます。


ひざの下の血管がつまった場合、両足の足先に病変が出ます。腕の動脈がつまれば、手の指に壊疽がおこります。壊疽は、血管に閉塞性の病変が起きたあと、数年間この閉塞に近い状態が続いた場合に起るので、この病気の始まりの血管炎では、指先のしびれ感や冷感として自覚されます。そのうちに、歩くと痛みが起こるようになり、休息しながら歩くようになります。さらに進行すると、赤く腫れ、安静にしていてもはげしく痛み、壊疽の状態となります。



バージャー病(ビュルガー病)と漢方へ

医薬品のご購入について